信念対立解明アプローチとは

admin
8月 13, 2020 0 Comment

信念対立を対処する為に「信念対立解明アプローチ」というのが2011年に提唱されました。この信念対立解明アプローチは、「ヘルスケア領域の様々な参入する事ため対立がゼロになることはない」という前提で、①弁証法的対立を有効活用する②信念対立は弁証法的対立にシフトチェンジする、この2点の為に必要な道筋と技法について示したものになります。信念対立解明アプローチは哲学研究を通じて開発されています。信念対立という問題を解消するという目的を達成する為に、意見が異なっていたとしても共通了解できる可能性を担保した複数の理路によって構築されているのです。ここで抗がん薬を例にとって模様と思います。抗がん薬とは、健康的な人にとってみれば毒となりますが、がん患者にとっては治療の可能性をもたらすことになります。このように、物事の意味・価値・存在には必ず目的・身体・欲望・関心といった志向に規定されるという側面があるのです。これを志向相関性と言います。志向相関性はこういった事態を基礎づけた原理という事になります。信念対立解明アプローチは、この他に人間の原理・実践の原理・解明の原理といった様々な哲学原理を示しています。志向相関性は、いずれも根底的な部分で共通する原理中の原理だといえるでしょう。では具体的に対立への対策はと言いますと、信念対立解明アプローチの他にもコンフリクト・マネジメント、ノンテクニカルスキル、価値観コミュニケーション、医療倫理、交渉術等があります。信念対立解明アプローチは、「状況と目的に応じてあらゆる方法を実践する」という哲学をべースとしています。この事から多元論的に管理することが可能となります。信念対立解明アプローチを理解する事によって、必要応じてその手法も活用することも可能となると言えます。

このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。