働き方改革と実生活

admin
8月 7, 2019 0 Comment

パワハラ、セクハラ、モラハラ、過労死など、職場でのニュースが世間を騒がせる日々が続く現代社会において「働き方改革」は、私たちにどのような指針を示してくれるのでしょうか?皆さんにとって、働き方改革とは、どのような存在として、改革の適用に期待をもっていますか?私自身は、自分本位で働く働き方改革をめざしてほしいと考えています。働くということは、人生そのものです。転職したいと考える人には、多くのチャンスが与えられ、嫌いな仕事を続けるのではなく、好きな仕事で社会貢献を遂げられるような社会作りができるよう、今後の日本社会に期待したいと考えていますが、嫌いな仕事はいったい誰が担っていくべきなのでしょうか?昨今では、海外からの外国人労働者の受け入れの拡大、機械化されたロボット社会への変貌、AIが代表するIT化による生産の向上、シニア世代の職場復帰などが、労働者不足の解消を担っているとクローズアップされてはいますが、私たちに必要な人手や労働者とは、奴隷を意味するものではないはずです。日本国内における少子化による、労働者不足問題は、データの上では、日本は近い未来、沈没すると予言する人も出てきています。労働者や働き手が増えれば、単に解決するような問題ではない事が、薄々、誰しもが気づきはじめているはずです。けれど、何をすれば良いのか、分からないといった現状が目の前にあります。そういった不安はもうすでに、目の前の近い将来としてやってくるはずです。まずは実生活を見直し、自身の働き方について考えてみましょう。2019年4月に施行される外国人の労働者受け入れ拡大による、出入国管理法改正は、日本で暮らす人々の生活に密接に関わってくる制度となります。すでに都内のコンビニエンスストアなどには、外国人労働者が、片言の日本語で接客から商品陳列、棚卸作業などの主な業務をこなす姿が多くみられ、その動きは、日本各地の地方都市まで広がりをみせています。街中のあらゆる店舗の求人は、常に募集され続け、働き手が枯渇している事実は目に見えてそこにあります。明るい職場環境が、明るい未来、明るい社会を担っていると言っても、過言ではありません。家庭生活、食生活も、働く基盤があって、はじめて安定を与えられるものです。働くことについて、実生活と照らし合わせながら、今一度、身の回りを振り返ることは、誰にとっても必要不可欠な視点であります。皆さんは、「働き方改革」をどう現実化させたいですか?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。