中高年の転職あるある

admin
5月 11, 2019 0 Comment

中高年と呼ばれる年代の人々が転職を試みた時に、こんな事があった!といった情報や出来事を「中高年の転職あるある」としてまとめてみました。

●転職には、資格が有利に働くという意識から、転職を考え始めた数年ほど前から、いくつかの資格取得をめざして、業務後に生涯学習スクールに通ってみました。スクールでは定年後、時間を持て余し、居場所を探し、行く当てを求め通ってくるような、先輩シルバー世代とも顔馴染みになり楽しんで受講する事ができました。PC関連から、キャリアコンサルティング、栄養士、衛生管理士、英検、漢検など、なんとなく目に付いた資格に挑戦してみました。これだけの資格を取得すればどうにか、転職にありつけるのだろうと、いくつかの求人に応募してみたところ、書類選考は通過できたのですが・・・、面接で同じような指摘を受けました。「バラエティに富んだ資格をお持ちですが、実務経験はおありですか?」といった質問に、粉砕してしまいました。中高年層が、転職の為に資格を取得して、転職活動を行っても、ほとんどの採用側は実務経験を重視してくるので、お飾り程度の無意味な資格取得となってしまうというオチが発覚したのです。残念ではありましたが、数年越しの転職計画は諦めました。

●所属していた事業所の縮小などもあり、長年に亘り勤めあげたサラリーマン人生にピリオドを打ち、残された時間をマッサージ師としての転職を考えていました。その為に、様々なスクールの資料を取り寄せ自分にあった道を志そうと、「指圧師」の資格の勉強をする為に勉強をはじめました。専門学校へ入学し、指圧師に必要な知識と実技を身につけようと、毎日、全力で取り組んでいましたが、ある日の朝、目が覚めると朝食を食べる為に、掴んだ箸さえももてないぐらいに、手首に痛みがある事に気づきました。なんと指圧の実技で、腱鞘炎を患ってしまったようなのです。趣味程度でしたら、指圧師としての技術は活かせるかもしれませんが、職業としての指圧は、自分の身を痛める結果となりそうなので、指圧師への転職は諦めました。スクールの担当さんに、話したところ、私のような中高年生徒が挫折する例として腱鞘炎は、かなり多いとの事でした。身体的な無理のきかない年代という事なのでしょうかね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。