どのようにパンフレットを作るか

admin
2月 7, 2019 0 Comment

 では、学生に自分たちの企業の魅力や情報を詳細に伝えるためのパンフレットはどのようにしたら作ることができるのでしょうか。学生にじっくりとよんでもらうものですから、内容が詰め込んでいても、読みにくいと思われてしまってはいけません。ここからは、パンフレットの制作についての考える必要のあることの流れを説明していこうと思います。

 まず、考える必要があるのはパンフレットの構成についてです。構成というのは、読み物の形を決めるものですから、これがおかしいと読み物全体の印象もおかしくなってしまいます。企業のことを知ってもらいたいのに、最初に与えられたパンフレットの印象がおかしいと、会社に良いイメージを持ってもらえなくなってしまうかもしれません。構成を考えたら、次は目次を作ります。目次というものは、何ページに何々が書いてある、という情報だけを表しているわけではありません。先ほど考えた構成を本に組み込む骨組みが目次なのです。わかりやすく言うと、構成を考えた際にいくつか読者、学生に伝えたいテーマが出てきたと思いますが、それを読みやすい形に並べる際に、制作者の手助けとなります。最初に目次を作っておかないと、パンフレットを作っている間に後の展開や、前のテーマとのつながりがいびつなものになってしまいがちなのです。また、制作するにあたって、目次の何処々々をひとまずの目標にしよう、と考えることもできるので、パンフレットや小冊子を作りなれていない人でも、少しやりやすくなるかもしれません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。