会社の成長には「人材」が欠かせない

admin
1月 17, 2019 0 Comment
人材採用の目的は同志を見つけることである。そのために大切だということは、理念や価値観を共有することである。その理念や価値観を共有することが、採用活動の本質であると言ってもいいであろう。 会社の成長は人材採用にかかっているという考慮があれば、適切に必要なリソースを投下するべき、という観点は簡単に得られる。採用を成功させるための第一歩は、使えるリソース(時間、労力、お金など)、をきちんと採用活動に活かしていくことである。そのうえで、難しい判断が求められることがある。だからこそ、経営者が積極的に関与していく姿勢が大切なのだ。特に中小企業の場合、経営者が変革しなければ、現場もなかなか変わらないものである。 「とにかく数を集めればいい」「現場単位でこれまでのやり方を踏襲すればいい」。というような消極的な姿勢での採用活動では、求める人材が確保できないばかりでなく、採用できてもミスマッチになりかねない。経営者が採用活動に責任を持っていく以上、採用予算はコストではなく、投資になる。そういう発想がなければ経営者がわざわざ責任を持つ意味はない。 採用とは企業の目的をともに叶える人材を見つけること。コストという発想で採用活動をし続けることでは、他企業には勝てない。ムダの多い採用活動にもなってしまう。 採用活動の落ち着く先は、採用した人材が活躍し、会社が成長することにある。けして、母集団を集めることでも、内定を出すことでもない。そういう発想は会社の資源の無駄遣いにつながる。 経営者の考え方が、現場の考え方に作用し、求める人材の獲得につながるのだ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。