中途採用の面接は、一般的には2回か3回と言われています。後の面接になるにつれて、配属される部署の上長などが担当することが多いようですが、会社によっては、初めから上長が担当することもあります。もしも筆記試験を行う場合は初めに通知をした上で、どんな目的で行うのかも明確にしておきましょう。中途採用における面接内容は、まずスキルや経験の確認などが主になります。職務経歴書や履歴書の中身について、気になることを確認しましょう。志望動機などを併せて、その人物を見る必要があります。会社ごとに重視している点は違いますし、それ以上に雰囲気が合うと感じる場合もあります。最終的には縁だと言えますが、どんなポイントを大事にするのかを前もって確認しておきましょう。 面接を行う上で注意しなければいけないマナーは、しっかりと覚えておきましょう。時間については、長期の拘束をしすぎない、逆に短時間の面接で終わらせないことに注意しなくてはなりません。当然ながら、圧迫面接も不必要に行ってはいけませんし、悪い態度を取れば会社の信頼を損なってしまいます。自分は失礼なことをしないと思っている人でもやってしまいがちなことは、タブーの質問をすることと言われているそうです。例えば家族に関することや、宗教や思想に関すること、住宅の情報について聞くことです。尊敬する人物についても、聞き方を間違えれば思想についての質問になってしまうので、あまり良いとはされていません。他にも結婚や交際について聞き出すのも、セクハラ面接と見なされてしまうので注意が必要です。個人的なところではなく、あくまでその人と会社が合 うのか、というところをポイントに進める必要があるでしょう。
このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。