労働者は、性別によって不利になる場合があってはいけません。募集の段階から性別を見て採用不採用を決めることは許されませんし、職種や雇用形態、昇進に関しても同等です。 採用の段階からで言うと、例えば「男性○名、女性○名」と言ったような性別で人数を指定することは禁じられています。男女○名と、合計人数だけを記すようにしましょう。「男性幹部職員」「女性秘書」と言った書き方も、性別を指定しているので禁止されています。幹部職員、秘書とそのまま書きましょう。未婚であることや、子供がいないことを条件に挙げることも禁止されており、就業の段階でも女性を妊娠のために解雇をすることや、降格をさせるのも禁止されています。本人の意思にも関わらず、女性という理由で業務場所を簡易な場所に転換させるのも、性別を理由とする差別に当たります。 性別的な問題は、男女に限らず判断が難しい場合があります。厚生労働省など、それぞれ相談場所があるので、迷った時は自己判断をせずに必ず公的な機関を通しましょう。昔から変わらずにやっているという場合でも、規則や法律は年々変化しています。常に最新の情報を調べておく必要があります。 ただし、どうしても性別が関わる場合の適用外職種というものも定められています。例えば、警備員など防犯上の理由で男性が求められる場合、更衣室の係員やエステティシャンなど風紀上の理由で同性である女性が求められる場合、ホストやホステスなどそもそも性別が関わる業務であること、巫女など宗教や風習的な面からどうしても男女が決められてしまう場合などです。これらは業務の性質上から特例とされており、これらに該当する職種であれば、問題ありません。
このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。