中途採用を進めていき、実際に内定を出そうと決めた後も、安心してはいけません。相手が優れた人物であれば、他の会社からも内定が出ている可能性が高いからです。内定後に辞退をされるという可能性もふまえて、内定の通知はなるべく早く出した方が良いでしょう。 第一候補にしている人から入社の意思の連絡が取れるまでは、第二候補の人は保留にしておきましょう。返事が遅くなるという場合でも、いつまでに返答がもらえるのかという部分ははっきりさせておきましょう。返事が遅れているということは、他に良い会社があって返事を待っているという場合が多いので、期待はしすぎず別の方法もしっかりと持っておく必要があります。 転職という場合、人によっては在職中でこれから退職手続に入るという人もいるでしょう。その場合は引き継ぎなどでも時間が掛かりますので、その間も何度か連絡を取って、しっかりと現在の状況を確認しておく必要があるでしょう。時間が空いているようでしたら、何度か直接話しても良いですし、職場の見学などの時間を作るのもフォローになります。実際に入社になる前に、様々な必要書類が出てきます。役所に取りにいくものもあるかもしれませんし、健康診断を受診する必要がある会社も多いでしょう。なるべく余裕を持って内定者には伝えて、準備の時間を作る必要があります。 実際に内定が出て入社となっても、それだけで終わりではありません。採用活動を行った時の記録は、初めから全て残しておきましょう。求人はどこのサイトを利用したか、どれだけの人数が集まったか、面接の内容はどうだったかなど、記録として残しておくことで採用活動が今後必要になった時に役立ちます。
このBLOGについて

中途採用を行う時、マニュアルとして流れを定めておくことが必要です。このBLOGでは、数ある転職サイトの中で、自社を選んで貰えるような、魅力をしっかり伝えられる求人づくりをサポートできるよう、情報を共有していきます!

mail : info@renovatingrebecca.com

このサイトにおきましては、サイト内に掲載している情報の内容にもとづいてのユーザーらの選択や行動によりどのような結果になったとしたとしても、ユーザー本人および第三者が損害を被ってしまうような事態となったとしても、サイト運営元や管理人らが責を負うことは致しません。またサイト内に掲載している情報はあくまで掲載時のものであり、予告なく内容を修正するケースや、内容が実状と異なってきてしまうケース等があります。ご了承ください。